« PHOTO EXPO 2003 | トップページ | 第37回東京モーターショー »

Mayo Okamoto LIFE tour 2003

  Mayo Okamoto LIFE tour 2003 
東京 中野サンプラザ  /   2003年3月20日(木)


  2003.3.19東京/2003.3.20東京/2003.3.25大阪/2003.3.26名古屋 
主催:TOKYO FM / ニッポン放送 / MXテレビ
企画・製作:テンカラット / noi / ドライブミュージック
後援:Bay FM / NACK5 / FM FUJI / 徳間ジャパンコミュニケーションズ
協力:SUN & MOON
主催・問合せ: DISK GARAGE
 
東京 中野サンプラザ  /   2003年3月20日(木)   /   18:30開場    /   19:00開演    /   

-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
 
2003年3月20日、中野サンプラザ。
チケットを見ると0列67番、68番。0列ってどこだ?。
会場最前列、中央部分の4列くらいがそうらしい。
実際には3列目、ステージまで5mくらいの距離である。
いままでで一番良い席かも・・・(かもじゃないなあ)

で、ライブなのだが、1曲目からピアノ弾きながら・・・というスタイルで、どんどん進む。
トーク無しで何曲続いたのだろう。
最初のトークでは、今までのツアーでは3曲くらいしか
弾きながら歌っていなかったけど、今回は、たくさん弾きながら歌うといっているのだが、
ほんとにそうだったかの記憶ははっきりしない。
たしかに、今回は多かったのは確かなのだが、あまり、いつもと違う・・・といった感じはない。
今回は、アルバム発売が無かったので、シングル曲を中心とした構成。
そして、ピアノを弾きながら歌うのが多いというのは、私の期待にぴったり合致していたりする。
ちょっと、違和感を感じたのは、歌詞がとても悲しい「サヨナラ」の手拍子。(^^ゞ
悲しい感じを消そうとしているのは、なんとなくわかるのだけど・・・。

アンコールで、スペシャルゲストが登場。(この日だけなのだ。)
Kiroroである。岡本真夜とKiroroの3ショットを観るのはTBSの特番以来。
私にとって生Kiroroは、はじめてである。
そして、Kiroroの「愛さない」を、綾乃のピアノで、千春と真夜さんが交互に歌うのだ。
千春が途中でまちがえてやり直すというおまけ付き。(笑)
綾乃が、また、楽しそうにピアノを弾くのだが、実は自分の席からは
真夜さんの影になって、綾乃の顔がよく見えない・・・(^_^;

それにしても、表情がよく見えるのって良いね。
とっても楽しいライブでした。
そして、20日を選んだのも正解。
だって、生Kiroroが観られたんだもの(爆)
 

-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
 
-  Set list   -

Dear・・・
スタートライン
TOMORROW
この街は止まらない
Alone
想い出にできなくて
ハピハピ バースディ
One Room
笑ってるあなたがいい
Life
宝物
Forever
サヨナラ
rhythm~自由の楽園~
魔法のリングにkissをして

- Encore -

愛という名の花

愛さない (with Kiroro)

ANNIVERSARY
また会おうね また会えるよね

|

« PHOTO EXPO 2003 | トップページ | 第37回東京モーターショー »

ライブ・コンサートのメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mayo Okamoto LIFE tour 2003:

« PHOTO EXPO 2003 | トップページ | 第37回東京モーターショー »