« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

キヤノンのデジタルカメラ2008年秋の新製品PowerShot編

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラの新製品として、PowerShotシリーズ4機種を9月4日より順次発売します。

PowerShot SX110 ISはSX100 ISの後継だからいいとして
衝撃だったのは以下の3機種
PowerShot A2000 ISPowerShot A1000 ISPowerShot E 1


カメラまかせでキレイに撮れる「らくらくモード」が登場したかわりに
シャッタースピード優先、絞り優先、マニュアル露出 は無いわけだ。
A2000 IS は A720 IS の後継モデルという位置づけらしいが、
今までできたことができなくなるというのはなんだか残念。
連続性の無い型番にしたのはユーザーが混乱しないようにという配慮か。
A2000 IS のズーム倍率を落とし、背面液晶を小型にし
光学ファインダーをつけたのが A1000 IS
パステル調の外観にしたのが E 1 といった感じ
この展開だと現行モデルの A470 、A580 、A590 IS もあと半年程度で終了だろう。

さてAシリーズといえば PowerShot A650 IS を忘れるわけにはいかない。
発売から1年を経過し、順当なら後継モデルが発表される頃だ。
一番の特徴はバリアングル液晶。
これが無ければあえてこれを選ぶ必要は無いと感じる。

ただ実際はGシリーズにバリアングル液晶を付けてほしいという要望が多く
もしこれが実現すると A650 IS の後継は不要ということになる。

実は PowerShot G9 も後継モデルが発表されていい時期である。
クラシカルなカメラの雰囲気を残したスタイルで人気の G9 であるが
Gシリーズは元々バリアングル液晶を採用していたがG6を最後に終了。
G7で復活したときにはバリアングル液晶が無かったという背景がある。
私もPowerShot G2ユーザーであったが、新しいデジタルカメラを買うときに
PowerShot G7 にバリアングル液晶が無いため、PowerShot S3 IS にしたという経緯がある。


ちなみにバリアングル液晶とは自由な角度に向きを変えられるようにこんなふうになっている。

PowerShot G9 の後継もバリアングル液晶は採用されないであろうが
せめて広角側が35mmフィルム換算で28mmくらいまで拡大されないと
人気を継続するのは厳しいのでは。

さて、PowerShot S3 IS の後継モデルであった PowerShot S5 IS であるが
発売から1年以上経過しておりそろそろ次期モデルが発表されるころである。
ただし、今までの光学ユニットを使用すると全く商品力の無い仕様となるのは明らかだ。
競合他社製品がすごいことになっている。
SX110 IS が10倍ズームとなった今日、18倍以上のズームは必須。
従来の延長線にない全く新しい仕様で登場するのではないかと期待する。
気になるのはバリアングル液晶が採用されるかどうか、そして、
18倍、あるいは、20倍ズームとなれば広角側にも少しは広げてもらいたい。

そんなことを考えながら9月の発表(あるのか?)を待つのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CISスキャナでのフィルムスキャンは諦めたのか・・・

キヤノンは、フラットベッドスキャナーCanoScanシリーズの新製品として、CCDモデルの"CanoScan 5600F"とCIS(コンタクトイメージセンサー)モデルの"CanoScan LiDE 200"の2機種を、8月28日より発売します。

ここでキヤノンのサイトを覗いてみるとCISスキャナが1機種しかない。
以前はフィルムスキャンが可能な上位もデルCanoScan LiDE 600FCanoScan LiDE 90があったのに

今回発売のCanoScan LiDE 200 はフィルムスキャン対応していない。

CISスキャナでのフィルムスキャンは諦めたのだろうか?
薄いCISスキャナでフィルムスキャンもできるというのは魅力だとおもうんだけどなあ。
それができるのはキヤノンだけだったのだが・・・

えっ?
フィルムが売れない時代に何言っているって
もう需要が減ってるんだから・・・
フィルムスキャン必要ならCCDスキャナを使えって・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MAX 前田亜紀脱退で・・・


http://www.avexnet.or.jp/max/news080812.html

http://max.vision-blog.jp/archives/956544.html

http://www.avexnet.or.jp/max/max/index.html

世間的には過去の人になっているMAX

もう2年新曲出てないんだけど・・・

そんな時に亜紀の脱退が発表になりました。

前田亜紀はソロで活動するそうです。

シンガーソングライター目指すそうです。

で、MAX は?

3人で活動?

これじゃあ、ボーカル貧弱だよな。


6年前、MAXの歌姫 美奈子が抜けた後、

魅力のひとつだった力強いボーカルは姿を消した。

Hipp's から 亜紀が加わって再スタートしたが

それ以降、玲奈のボーカルがおとなしくなったように感じたのは気のせい?

路線が変わったわけでもないし、その後のMAXの曲も好きなので

気にはなっていなかったが、美奈子がいたころの古いアルバムを聴くと

美奈子の歌声が恋しくなる。


美奈子 復帰の噂もあるそうだ。

その噂が現実になるのであればそれはうれしいが

今さらなにを・・・

という気もするので少々複雑。


MAXの次の手がまだわからないので

とりあえず、今のところは

亜紀の新しい一歩を祝ってあげることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビルの隙間から花火

花火見物の人の流れに逆らうように
ゆりかもめで汐留まで戻ってきて日テレへ

「行列のできる法律相談所」の番組で行われているカンボジア学校建設プロジェクト
オークション用作品の展覧会を覗いてきました。
その中で松本しのぶアナウンサーの画が目に留まりました。
特にうまいわけでもないのですが、なんとなく感情が伝わってきました。
ポストカードは、松本しのぶアナウンサーと松本零士さんのを購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議な事

6月21日付けの記事が知らないうちに8月2日付けになっている。
元々はこの記事なのだが、今はこの記事だ。
いつから変わっていたのだろう。

-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ここから以下は8月9日に追記-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_

作成、公開、編集がすべて8月2日になっている。
公開日が変更されたわけではなく、作成日が8月2日になったわけで・・・

仕方がないので、公開日を6月21日に修正したのだが、なんだか気持ちが悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これでいいのだ

赤塚不二夫さんが亡くなったそうだ。
僕らの少年時代をバカなギャグで楽しませてくれたたくさんのマンガ、アニメーションの生みの親。
安らかにお眠りください。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080802-OYT1T00948.htm?from=navr
http://mainichi.jp/enta/art/news/20080803k0000m040081000c.html
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/game/080803/gam0808030007000-n1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活してないかも

7月27日の深夜に再びパソコン落ちました。
長時間使っていると起こるようです。
頻繁には落ちなくなったので様子を見ながら使い続けることにします。

そんなわけで地道に作業を続けてこのブログの体裁は整いました。

再構築の際に、個別ページのファイル名のアンダーバー(_)がハイフン(-)に変更されてしまいました。
念のためアンダーバーのファイル名のデータも残してありますが、コメント付けるとハイフンのページに付きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »